IFCO2013大阪世界大会は終了いたしました。ご参加いただいた全ての皆さまに御礼申し上げます。ありがとうございました。
2015年オーストラリア、シドニーにてお会いしましょう。

>top_children

家庭養護の推進に向けて協働しよう!

Moving Forward Hand in Hand for Foster Care !

大会会長挨拶 

913日から16日の4 間、日本の大阪市でIFCO2013世界大会を開催します。IFCO大会は、社会的養護の質を高めるという世界共通の課題について、世界から、子ども、若者、里親、施設職員など関係者が一堂に会し、共に学び合う場です。日本における社会的養護の促進はもとより、家庭で暮らせなくなった子どもたちに新たに家庭を提供し、愛情を注いでいく家庭養護の促進を図るために、参加者が協働し、よりよい制度を確立していくための情報・意見交換の場であるとともに、若者たちが自分たちの仲間を作っていく場 でもあります。世界中から里親、研究者、ソーシャルワーカー、施策立案者等、児童福祉に関心のある方々をお迎えすることを大変楽しみにしております。日本 は東日本大震災により大きな痛手を蒙りましたが、国内外から多くのご支援により、今、復活に向けて立ちあがっております。皆様に美しい日本の姿をお見せ 出来るものと思っております。

IFCO世界大会をアジアで開催することは初めてであり、世界から多くの皆様が参加されることを歓迎します。 IFCO世界大会がアジアにおける児童福祉推進の契機となることを大いに期待しております。

IFCO2013 大阪世界大会 会長

公益財団法人全国里親会 会長 星野 崇

基調講演 – 9月13日(金)

 タイトル(仮):

  「国連指針 『児童の代替的養護に関する指針』 と子ども中心の家庭養護のあり方」

 

  講演者:

 ジェニファー・デヴィッドソン (Jennifer Davidson)

   (Director of Center for Excellence for Looked After Children in Scotland, UK)

 主なプログラム

  • 基調講演
  • シンポジウム
  • 分科会(ワークショップ)
  • ユースプログラム
  • チルドレンプログラム
  • ブース
  • サイレント・オークション